キャンピングカーショー

ジャパンキャンピングカーショー2019に行ってきました🚗

投稿日:

幕張メッセで開催されていたジャパンキャンピングカーショーに行ってきました。2/1(金)~2/3(日)まで3日間開催されていたイベントの最終日でした。

今までも行きたいなと思いつつ、作業予約との兼ね合いから参加できないイベントはいくつかありましたが、キャンピングカーショーも前日夜に行けることが決まり、コンビニで事前にチケットを購入。

割安な前売り券もあったのですが、事前購入ができなかったので当日券扱いで入場しました。

私のお客様や作業実績にキャンピングカーの取り扱いはありません。今までも縁がなく全くの素人ですので研究が主な目的です。

試乗車の一例(内装)

軽バンからトラック・バスに至るまで、様々はサイズでキャンピング仕様が存在することに改めて感心しました。アイディアがハンパないっす(^_^;)

規格があるものもあるようですが、内装はワンオフで作られているようなものだと思うのでリペアの需要はありそうだなと思いました。

特にウッドリペア。私は扱うことはできませんが(^_^;)

あとは思ったよりも布が使われいるんだなぁと思いました。ハイエースやキャラバンなどは合皮も使われていましたが、革は少数派でした。

会場の風景と商談風景

屋根をくり抜いてテントを作ってしまったり、ボディを拡張していたりと外装の改造も多様で改造技術には驚きました。

また、商談をしている光景を見かけたり、「Sold OUT!」という張り紙を見かけては会場の盛り上がりを感じることができました。

意外だったのは、女性(奥様)が詳しい!マンションや家を見るのと変わらないテンションで試乗していたり、店員とマニアックな話をしていたりする光景は一番印象に残りました。

私のような買う気のない者は邪魔者扱いされてしまうかのようにガッツリ選んでいるんですよ💧

女性の購買欲を味方につけると商売が盛り上がることがあると思いますが、まさにそんな感じです(^_^;)

日本の自動車業界もまだまだ捨てたもんじゃないな(^^♪

今度は自分で…

キャンピング仕様のレンタカーもあるそうなので、実際に使ってみたいなと思っています。計画的に休むことが難しいので予約という行為に一つのハードルがありますが、キャンピングカーでの旅は一度経験してみないといけないなと(^_^;)

職業病💧

屋外の駐車場にはキャンピングカー専用の駐車スペースがあって外観を眺めることができたのですが、洗車には苦労してそう(あきらめてる?)だなと思うクルマもチラホラ…

大きいだけにその労力やスペースの確保も大変なんでしょうか。

特に外装に手を加えている場合は洗車機の使用はご法度だと思うので手洗いしか選択肢がないわけですが、汚れを通り越してコケが生えている車両も見かけました。

「内装の塗装の時はどうやってマスキングしよう!?」

「電気とエアホースの取り回しはどうしよう!?」

「どうやって効率よく洗車しよう!?」

傷んでいるところを見て施工方法を考えてしまうあたり、職業病だなぁと思いながら記事を打っております(^_^;)

いつかはキャンピングカー!?

何年もこの仕事を続けていればいつかは当たるでしょう、キャンピングカー。リペアができないわけではないので、オーナー様、販売店様からのお仕事のご依頼、心よりお待ち申し上げます(^^♪


リペアについてのお問い合わせは↓↓までお気軽にご連絡ください!

お電話:090-6510-6962

メール:ishida@itec-repair.jp

問合先:トータルリペア・アイテック(担当:石田)

※写真をメールでお送り頂いても構いません。

レザーシートリペア
ダッシュボードリペア
ステアリングリペア

ブログランキング

当サイトはブログランキングに参加し有用な情報提供ができるよう努力しています。
記事の内容が良かったなと感じて頂けたら下記投票ボタンのクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村 車ブログ 車 洗車・コーティングへ
にほんブログ村 車ブログへ

AdSense




楽天モーションウィジェット

アフィリ

-Blog
-

Copyright© トータルリペア・アイテック , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.