スイフトスポーツ-純正RECAROシートリペア-破れ・擦れ②

更新日:

スイフトスポーツ-純正RECAROシートリペア-破れ・擦れ①

の続きです。

もう一つの難題が…

ここだけのリペアであれば施工対象外コースです。縫い付けてある糸からちぎれてしまって分断されています。縫い直しもできません。このようなちぎれ方をするのは合皮の特徴です。

本革シートの場合は革は切れず先に糸がほつれるか、糸の穴から切れるくらいでこういった症状になる可能性は極めて低いと思います。

FRPのシートを張り合わせていく要領で何枚かのリペアシートを溶着させています。指で押さなければ見えない部分は裂けたままです。

糸のつなぎ目を潰す、破れた部分を残すことの2点を妥協しています。

細かいことは気にせず、しっかりくっつけることを優先しています。

上部は指で押してるので見えるだけで普段は隠れてしまいます。その部分については切れたままです。道具も材料も入れられないので仕方がありません。こういった理由もあり施工(保証)対象外になります。

今回はそのままにしてありますが、こういった困難なケースではゴミや異物混入を防ぐためにウレタン等を詰めておくのもありかと思いました。

今回のケース合皮と本革リペアの違い

合皮

人工皮革ともいわれますが、人工的なものなので熱で溶けます。それを利用してリペアシートも埋め込めるので強度はバッチリです。この方法をとる場合はシボ(模様)が消えます。シボは塗装によって再現しますが広範囲に渡る場合、デザインによってはごまかし切れません。

本革

動物の皮ですので自然のものです。素材として強度がありこうなることはほとんどないと思われます。しかし、繰り返し擦れることで穴は空きますが、周囲はケバケバになるくらいで擦れない部分まで破れることはありません。

穴をふさぐときは同じリペアシートと素材に合わせて2種類の硬さのあるリペア材(写真でいう青い部分)を熱で密着させます。

いずれにしても、症状が出て放置せず早めに対処することでより目立たなく、より早く、より安く(?)リペアが可能です。


リペアについてのお問い合わせは↓↓までお気軽にご連絡ください!

お電話:090-6510-6962
石田ですと名乗りますので、ご用件をお話しください)

メール:ishida@itec-repair.jp

問合先:トータルリペア・アイテック(担当:石田)

※写真をメールでお送り頂いても構いません。

★作業・現車確認受付時間帯・・・・9:00 ~ 19:00 要予約(新規様月~水のみ)
★お電話対応時間・・・・・・・・ 10:00   ~ 17:30 (月~土)
★メール返信について・・・・・・終日作業がほとんどで作業に注力しておりますので
当日夜から翌朝の返信になります。ご了承ください。
※HPを更新していなかった期間のうちかなり長い間
サーバーエラーでメールが届いていないことが
あったようですが、現在は復旧しています。
★お電話について・・・・・・・・プライベート、法人すべて同じ携帯電話のため
「石田です」と名乗ります。

レザーシートリペア
ダッシュボードリペア
ステアリングリペア

最近の投稿

【最近の投稿】

カテゴリータイトル



【過去の事例をカテゴリー別でチェックできます】

カテゴリー検索用

ブログランキング



【ブログランキングに参加しています】
当サイトはブログランキングに参加し有用な情報提供ができるよう努力しています。
記事の内容が良かったなと感じて頂けたら下記投票ボタンのクリックをお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ にほんブログ村 車ブログ 車 洗車・コーティングへ にほんブログ村 車ブログへ

読まれている記事



【当ブログ人気記事】

-インテリアリペア, サンプル, シート, スイフトスポーツ(ZC31S), スズキ, メーカーカテゴリー, レザー, 擦れ・劣化, 施工カテゴリー, 日本車, 穴・破れ・ほつれ
-, ,

Copyright© トータルリペア・アイテック , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.