《施工事例》セリカーシートタバコの焦げ穴リペアー

更新日:

今回はシートの焦げ穴のリペアです。

車はセリカです。1990年代半ばの車で製造から20年を超えているので立派な旧車ですね。社外のアフターパーツはたくさんあり交換は簡単ですが、日々少なくなっていくオリジナルパーツは見つけるのが年々難しくなっていきます。

さて、今回はスポーツタイプのシートでサイドサポートに大小6か所の焦げ穴がありました。スポーツタイプのシートは表面が毛羽立っていないものが多いのですが、今回も例外に漏れず表面のツルッとした生地が使われていました。

リペア後の質感は毛羽立っている生地よりも違和感が出やすいので見た目と共に仕上げに気を遣います。

今回は表面の凹凸が大きく「穴が塞がっていて目立たなければ良い」というオーダーを頂いていましたが、模様も再現しようと頑張ってみました。

before

シート焦げ穴(before)2

一番深い穴です。タバコが縦にズボっと入ってしまったのでしょうか。

生地の筋目がはっきりしているのが良くわかります。

シート焦げ穴(before)1

穴は浅いのですが同じところに集中して大小5か所の焦げ穴があります。一番大きなものは焦げて固くなっているところも含めると親指大になります。

施工は専用のプロダクトを使用したクリーニングから始め、溶けて固まってしまっている部分を切り取り、穴を埋めます。そして、モケットシート専用のファイバーを模様の再現を意識しながら丁寧に接着していきます。

after

シート焦げ穴(after)

リペア完了です。

良く見ればわかりますが凹凸の高さを合わせてあるのでパッと見わからなくなりました。

交換するしかないか…

交換だと費用がかさむので我慢して乗っている方もたくさんいらっしゃいますが、リペアで解決できることがあります。


リペアについてのお問い合わせは↓↓までお気軽にご連絡ください!

お電話:090-6510-6962

メール:ishida@itec-repair.jp

問合先:トータルリペア・アイテック(担当:石田)

※写真をメールでお送り頂いても構いません。


ブログランキング

当サイトはブログランキングに参加し有用な情報提供ができるよう努力しています。
記事の内容が良かったなと感じて頂けたら下記投票ボタンのクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村 車ブログ 車 洗車・コーティングへ
にほんブログ村 車ブログへ

AdSense




楽天モーションウィジェット

アフィリ

amazonモーションウィジェット


-トヨタ, 施工事例, 日本車
-, ,

Copyright© トータルリペア・アイテック , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.